読み聞かせ
2019/08/28(Wed)
読み聞かせサポーターの皆さんに朝モーニングアクティビティ(MA)の時間に
読み聞かせを行っていただきました。
子供たちは,いつも楽しみにしています。
今日は1,2,4,5年生,20名を超えるサポーターの皆さんに
御協力いただきました。
190828-14.jpg

190828-13.jpg

190828-12.jpg

190828-11.jpg

190828-9.jpg

190828-8.jpg

190828-7.jpg

子供たちは本の世界に引き込まれながら真剣に聞いていました。
190828-10.jpg

190828-6.jpg

190828-5.jpg

190828-4.jpg

190828-3.jpg

190828-2.jpg

190828-1.jpg


読み聞かせサポーターの皆さんありがとうございました。
190828-15.jpg
本年度は,今日で7回目です。
40名を超える保護者の皆様に読み聞かせサポーターの登録をいただいております。

次回を楽しみにしています。
この記事のURL | H31 学校 | CM(0) | ▲ top
夏休み明けスタート
2019/08/20(Tue)
「おはようございます」
子供たちの元気な声が戻ってきました。
大きな荷物を抱えてきた子供。
真っ黒に日焼けしてきた子供。
様々な表情が見られ,楽しい夏休みを過ごしてきたことがうかがえます。
20190820105909_p2234.jpg

今朝の登校時には,雨の中,校外指導委員の皆様に街頭指導をしていただき,
子供たちの安全を見守っていただきました。
ありがとうございました。
IMG_0476.jpg

IMG_0470.jpg

また,教員も街頭指導を行い,夏休み明けの子供たちの安全指導を行いました。

今日から1学期のまとめに向けて新たなスタートです。
この記事のURL | H31 学校 | CM(0) | ▲ top
夏の研修会 地形から自然と人のつながりを学ぶ
2019/08/02(Fri)
8月2日,現職教育研修会を行いました。今日は,西城校長先生にお願いをして、仙台の地形と土地の利用についてフィールドワークを通して学ぶ研修です。
IMG-1252.jpg

まずは附属小近くの梅田川へ。
改めて梅田川をまじまじと眺めてみると,川底の石は丸く透明な流れの中に魚が元気よく泳いでいます。今日は梅田川に沿って土地のつくりと利用のされ方を見ていきます。梅田川は附属小学校の裏から東の方へ流れていきます。川は高い土地から低い土地へ流れていくので,仙台は西から東に向かって低くなっていくことが分かります。
IMG-1254.jpg


台原の方へ坂道を上がっていくと,緑が多く残っています。登りきった上はまた平らになっており、「台原」という地名の由来を感じました。
IMG-1257.jpg

緑地の地面は舗装のされていない柔らかい土になっており、ここにも丸い石がありました。これは昔、梅田川が流れている土地がもっと高いところにあり,長い年月を経て削られて「段丘」という形になった証拠と考えられるそうです。
IMG-1258.jpg


次はバスに乗って45号線を西に向かいました。途中,小田原のところでバスは上り坂を通りました。東に向かって低くなっていくはずなのに,なぜ高くなる場所があるのでしょうか。

実はここには、土地が動いた証拠「断層」があるそうです。仙台には南北方向に利府-長町断層が走っているのですが、それに付随して大年寺山断層が並行して存在しているそうです。この二つの断層に挟まれて部分が盛り上がって少し高い土地になっているということを知りました。実際に歩いて確かめてみると,いつも通っている道も見え方が変わってきます。
IMG-1265.jpg

そのように高くなった土地の中も,梅田川は台地を削りながら流れていました。
IMG-1269.jpg

すぐそばにある交差点は「坂下交差点」。昔から人は土地の様子に目を向けていたのですね。


バスはさらに西へ向かいます。仙台市と宮城教育大学は防災教育で協力していることもあり,震災遺構荒浜小学校を見学してきました。
IMG-1272.jpg

被災した校舎を整備して震災伝承を後世に伝えるこの施設は,一日平均300名もの入館者が来ているとのこと。防災の観点からもその存在意義の高さが感じられます。

大学の小田先生たちも合流して,仙台市まちづくり政策局の高山さんに案内していただきました。
津波の痕跡が随所に残る館内には,2011年3月11日にどんなことが起こっていたのか,また今後被害を減らすためにまちをどう作っていっているのかなど,多様な資料から窺い知ることができます。
IMG-1283.jpg

さらに,今日はなんと住宅基礎遺構の公開日でした。この場所にかつて,一人一人の当たり前の生活があり,地域に根付いていた行事文化があったことを目の当たりにすることができます。
IMG-1293.jpg


危険区域の指定と共に住むことができなくなってしまったまち。地域の人にとってはここを訪れることは簡単なことではないのだと思います。校舎内には,卒業生たちのつながりが感じられる場所になっていました。高山さんのお話にあった「帰る場所として今ここに荒浜小を残していく意味がある」という言葉が印象的でした。

自然が作った地形や人間生活への影響を実際に体験・見学しながら,自然と共に生きているということを実感した充実した研修会でした。
この記事のURL | H31 学校 | CM(0) | ▲ top
夏休み初めてのプール
2019/07/25(Thu)
夏休みに入って,雨天が続きなかなかプール開放ができずにいました。
しかし,今日は気温も水温も上がりようやく夏休み初のプール開放でした。
子供たちも待ちに待っていた様子で,午前午後合わせて84名がプールに来ました。
190725-2.jpg

190725-1.jpg

午前は曇り空でしたが,午後には青空も広がり,プールサイドの気温も30℃を超えました。

明日以降も気温が上がる予報です。
多くの子供たちがプールに来るのを待っています。
この記事のURL | H31 学校 | CM(0) | ▲ top
特別支援学校PTA清掃活動
2019/05/17(Fri)
5月15日(水)の午前中に附属特別支援学校PTA清掃活動が行われました。
附属小学校からも26名の保護者の皆様に御協力をいただきました。
2019517-7.jpg

2019517-6.jpg

2019517-5.jpg

2019517-4.jpg

2019517-3.jpg

2019517-2.jpg

2019517-1.jpg

ありがとうございました。

御協力いただいたおかげで,とてもきれいになりました。
子供たちも気持ちよく活動を行うことができます。
附属特別支援学校からも感謝の言葉が届きました。
本当にありがとうございました。
この記事のURL | H31 学校 | CM(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ