いのちの授業
2015/12/03(Thu)
5年 ひまわり学年PTA行事「いのちの授業」が行われました。5年生では、「うぶごえ座」の皆さんをお招きしました。
「うぶごえ座」は宮城県内を中心に、劇や講演を通していのちの大切さを伝えるという助産師さんを中心とした団体です。
生まれたということ、生きているということについて考えるひとときでした。

いのちの始まりのもと、卵子。針で穴の開いたカードを光にかざします。
「ぼくたち、はじめはこんなに小さかったんだね」
IMG_1445.jpg

出産の様子を劇で再現します。お母さんの思いが伝わります。
助産師さん、一生懸命お母さんを励まします。
_6989ubugoe.jpg

立ち合いのお父さん(役:𠮷田達郎先生)も到着しました。
お父さんも一生懸命お母さんを励まします。
IMG_1462.jpg
出産は命の奇跡なのだなあと感じます。

子供たちにとって今回の経験は、「自分」という存在を見つめ直す貴重な機会になりました。

うぶごえ座の皆さん、役員の皆さん、ありがとうございました。



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
<<合唱の会 あと4日 | メイン | 激走! たけのこ駅伝>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |