集団の姿をよりよくするために
2019/01/23(Wed)
 公開研究会までのカウントダウンが始まっています。公開研究会では,4年生の学年合唱「COSMOS」を披露する機会もあります。先週の学年合唱では,とてもよい雰囲気で練習を行うことができました。自分たちのよさである伸びるような声や,歌に乗せた思いを届けたいという強い気持ちを感じました。
IMG_2185.jpg

IMG_2317.jpg

 合唱に向かう一方で,第三期のあすなろ委員さんたちが今,集団としての姿を変えるべく,休み時間にこまめに集まって企画を進めています。
 テーマは「あすなろ学年のあいさつをよいものにするために」です。
 先週,あすなろ委員さんが、学校における計画委員のような役割を担い,各学級に議題を提案しました。それを受けて,各学級では,「よいあいさつとはどんなあいさつなのか」「学級のスローガンは何がよいか」について話し合い,自分たちが大事にする姿から,各クラスのスローガンが決めることができました。各クラスのスローガンは次の通りです。

「立ち止まり 明るくえがおで あいさつを」(1組)
「自分から 目を見て元気なあいさつ こんにちは」(2組)
「自分から相手の目を見て明るいあいさつをしよう」(3組) 
「立ち止まり 相手の目を見て 自分から」(4組)

これから同じ目標に向かうにあたって、共通するキーワードが多くあったことは心強いところです。


 あいさつ運動の核となっているあすなろ委員さんたちが話し合う様子を見ていると,
「いいあいさつの手本を見せるだけじゃなく,どんな気持ちになるかを伝えた方がいいのではないか。」
「どれぐらいあいさつしたか見えるようなものがあったほうがいいと思う。」
「悪いあいさつは真似してほしくないから,いいあいさつをたくさん伝えたほうがよい。」

 最初こそ,お互いに遠慮があったものの,回数を重ねるうちに建設的な意見が出されるようになっています。明日木曜には,『あすなろ学年が目指すよいあいさつ』について,劇を交えて学年に伝えることになりました。急なお知らせとなりますが,保護者の方の見学もできますので,お時間があればのぞいてみてください。場所は多目的教室1(1階)です。
20190123154450_p420.jpg

IMG_9522.jpg

IMG_9520.jpg


この記事のURL | H30 4年生 | CM(0) | ▲ top
<<自分がもうひとりいる!? | メイン | 初めての『伝統カルタを楽しむ会』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |