魚食出前授業
2019/11/20(Wed)
仙台から約950㎞も離れた愛媛県愛南町から、愛南漁業協同組合の梶田秀樹さんと愛南町役場水産課の高橋裕司さんの2名の先生をお迎えし、漁食授業をしていただきました。
DSC03357.jpg

DSC03364.jpg

この魚食授業は、いつも附属小学校の給食の食材を提供してくださる、サトー商会さんのご協力で行われたものです。

前半は、梶田さんから、愛南町の位置や特産品、日本の漁業が抱える問題、そして愛南町での「獲る漁業」についてお話をしていただきました。
愛南町は四国一のカツオの産地で、なんと一本釣りで獲っているそうです。今日は実際に、一本釣りで使われている竿も持ってきてくださり、触らせていただきました。
20191120185237_p1379.jpg

20191120185238_p1382.jpg

後半は、高橋さんから、「育てる漁業」として、マダイの養殖についてお話をしていただきました。
愛媛県は養殖ダイの生産量全国1位。その内の約30%は愛南町で生産されているそうです。本当に漁業の町ですね!
DSC03419.jpg

DSC03421.jpg

養殖のマダイ当てクイズでは、実際に天然と養殖両方のマダイを触らせていただき、どちらが養殖のマダイかを考えました。
一人一人が授業で教えていただいたことを根拠に、考えることができましたね。
DSC03425.jpg

DSC03426.jpg

授業の最後には、各クラスの代表が今日学んだことと講師の先生方へ感謝の気持ちを伝えました。
DSC03448.jpg

DSC03449.jpg

DSC03451.jpg

DSC03452.jpg

そして今日の給食は…
愛南町で大切に育てられたマダイを使った「鯛めし」と愛媛の郷土料理「せんざんき」、仙台伝統野菜の雪菜を使った和え物、そして愛南町産の「夢おれんじ」の愛媛と仙台のコラボメニューです。
講師の先生方と一緒に愛媛と仙台のおいしさを味わいました。
DSC03454.jpg

見て、触って、食べて、漁業についてたっぷり考えた一日になりました。
この記事のURL | H31 4年生 | CM(0) | ▲ top
<<パスワードチャレンジ in 附小 | メイン | わかば学級との交流>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |